土木設計。協議や設計成果品の作成など。
 土木設計業務を行っています。官公庁、地方自治体が主なお取引先で、当社が受け持つのは、プロジェクト開始に当たっての調査やプランニングなど。設計協議に参加し、設計成果品の作成を担当しています。


初めて橋梁の設計を担当。人や車が行き交う光景に感動!
 入社後の2年間は企画部門でキャリアを積みました。業務内容をはじめ、さまざまな事柄を学びました。ただ、入社当初から目指していたのは設計の仕事。会社にその希望を伝えたところ、3年目から設計部門への異動が決まりました。設計担当としてさまざまなプロジェクトに関わることができ、改めてスキルアップを果たせたのが嬉しかったです。
 そして数年後、初めて橋梁の設計を担当することになりました。人の暮らしに役立つものをつくれるのだと喜びを噛み締めました。設計成果品の納入後は、残念ながら工事中の現場を見ることはなかったのですが、完成後、多くの人や車が行き来する様子を目の当たりにした感動は忘れられません。


社会資本整備の仕事に取り組める環境があるとわかったから。
 出身大学に届いた求人情報から、地元・静岡で土木の分野に関われる企業を探しました。その中で出会ったのが当社です。資料に当たるうちに当社のお取引先は官公庁、地方自治体がメインで、道路や橋梁、大型商業施設など、「社会資本整備」に取り組める環境があるとわかりました。専攻した知識を活かせる当社で、地元に貢献できる仕事に就きたいと考え、入社を希望。面接の際に初めて社屋を訪れ、それまで土木業界は男性社員が多いと思いこんでいましたが、私が想像していた以上に女性社員の姿を目にしたことを覚えています。入社後、先輩社員から仕事の内容や現場の様子など、さまざまな話を聞き、やりがいの大きさを感じました。