ソナー搭載自律走行無線ボートを用いて広範囲の河川の地形や海底地形を連続的に探査することが可能です。

取得した座標データを読み取り、3次元モデルを作成します。水深により色分けをすることで、河川の地形がより分かりやすくなります。
任意断面の地形の形状や堆積による経年変化など処理・加工することができます。


ワイヤフレームモデル


水深による色分け
緑色の部分が一番深くなっているところ


堆積経年変化
赤い部分が土砂が堆積しているところ